転職はどのタイミングでしたらいいか

会社に就職したものの、仕事内容が合わなかったり、仕事内容に不満を持っていたり、待遇面でも不利益を感じてしまっている方も大勢います。このような立場の方であれば、転職を考えることも多いのですが、そのタイミングについて判断することができない方も存在しています。転職のタイミングとしては以前は石の上にも3年と言われていた時代がありますが、現在ではいわゆるブラック企業の問題も提起されているように、いつでも転職を行うことは不可能ではありません。1年程度は勤務しておくと、職務経歴上としては有利になりますが、転職を考えたならば、できるだけ早い段階で行動に移すことも良い方法です。現状として仕事を行っている中で、キャリア形成をあと一歩でできると判断されている方や、資格取得を行う場面がある方の場合では、目的を達成した後をタイミングとして考えることもできます。また、基本的なマナーとして、お世話になった会社に対して迷惑がかからないように配慮することも大切です。進行中の仕事があるならば、引き継ぎをしっかりと済ませてから退職することが必要になるので、一定の期間を準備期間として設けることもおすすめです。そのためには、早めにアクションをとることも非常に大切になり、現在では転職サイトなども数々のものが用意されている状態にあり、カウンセラーやアドバイザーなどが存在しているサイトまであります。目指している職種の求人などがあれば、直ぐにでも対応してチャンスを逃してしまうことが無いようにすることも必要です。その結果として転職を意識したならば、自己のタイミングでできるだけ早期に転職活動に入ることができるように、自らが調整を行う方法で、良い転職のタイミングにすることができます。

転職する際の注意点

転職をする場合、仕事を変える理由を明確にしてその上で次の仕事を選ぶようにしましょう。転職をしようとした場合、何かしらの理由があるわけですからその理由に沿ったものでなければ、意味がありませんので注意が必要です。
例えば親の介護が必要になって、側にいなければならなくなってしまったというような理由であれば、仕事を選ぶよりも採用のされ易さを重視して仕事を探すことになりますが、キャリアアップのために仕事を変えるのであれば現在の職場よりも待遇の良い仕事を選ばなければ何のために転職をするのかということになってしまいます。今の時代は仕事を選んで入られませんが、それは仕事のない人の話であり転職を考えているという人は仮に仕事が見つからなくても困るようなことはありません。つまり、保険のある状態で仕事探しをすることができるわけですから、出来るだけ仕事を選ばなければ損だということになるのです。しかし、高待遇の職場というのは簡単に見つかるものではなく更にそこで採用されるとなると、かなり難しいものとなってしまうので何度も何度も不採用が続くということも少なくありません。そうなってくると次第に採用されることが目的となって、転職活動をしてしまいがちですがただ意味もなく職場を変えるのではキャリアアップどころか、マイナスになってしまうこともあります。そのため、転職を考えているのであればまず理由を明確にして、条件にあったものだけをピックアップして妥協のない仕事探しをしてみましょう。仕事を選ぶことができるというのが、転職の最大のメリットであるわけですからそれを放棄するような活動をするのではなく、出来るだけ欲張った転職活動をしてみましょう。

転職するか悩んだ場合は誰かに相談

転職するか悩んだ場合は誰かに相談することがとても大切です。この場合には、同じ職場の先輩などに、実際に転職するか悩んだ場合に、相談することは行ってはいけません。なぜならば、同じ職場の先輩の場合には、妥協して今の環境にいるケースがほとんどのケースであり、本当は転職をしたかったけれども実力などがなくて出来なかった、このような事情を持っている人がほとんどであるため、転職のことについて相談をした場合、最悪なケース、相談をした結果として悪い方向に行く場合もあります。このような、転職するか悩んだ場合は誰かに相談する際には、実際に転職で成功した同じ大学の先輩か、友達など、自分と出身大学が同じ人、または尊敬する同じ大学出身の先輩などに相談をすることがとても大事です。なぜかというと、同じ分野の勉強をしてきた先輩などや友達が転職で成功している場合には、自分も似た立場であることが多く、実際にこのような人の成功の体験談などを聞くと、自分には何が足りず、成功をするためには何が必要であるのか?このようなことが分かるからです。そのため、上記のような先輩や友達などに相談をすることは良い事であると同時に、もし大学の教授や助教授などの先生方にも、意見をもらえるのならば、このような教授などにも意見を聞くとよいことがあります。それは、多くの卒業生などを見てきた分、成功してきた先輩や後輩も教授や助教授の場合には知っているため、このような先生たちに相談を行うと、とても良いアドバイスをくださる場合や、とても良い転職先を教えてくれる場合もあるからです。

上記のような場合、間違っても同じ会社の同期や先輩には、相談をしてはなりません。