クリエイティブな仕事の司書は転職におすすめの職業

転職を考える際一番に考えるのが、その職業が好きかどうかという事です。
いくら収入がよくても、好きでもない分野の仕事は長続きしないものです。

そういった点から見て、本が好きな方におすすめの職業が図書館司書といえます。
代表的な仕事としては図書館にある本の管理や、貸出カウンターの受付業務、
そして利用者さんの質問に答えたり、館内を案内する事があります。

したがって図書館司書は大学で所定の単位を取得したり、大卒以外の方は
講習を受けたり実務経験を積むことで取得できる資格となっています。

そんな図書館司書の仕事ですが、第一印象としては決まった仕事を行う
保守的な仕事と思われがちです。
ところが現実は、そうではないのです。

現在では図書館の注目度が非常に高まり、週末ともなれば各種のイベントを行っています。
内容としては子どもへの読み聞かせ会であったり、有名作家などを招いた講演会といったものです。
司書はそういったイベントを企画し、開催までの様々な手配を行わなければなりません。
ですから非常にクリエイティブな仕事ともいえるのです。

さらには館内の特集展示を行ったり、一般の人への情報提供資料を作成したりといった業務でも
クリエイティブな面が必要とされます。

多面的な能力が必要とされる司書ですが、転職しようと思ったら資格を取得する必要があります。
ですから最初は司書補という形で働く人が多いのが現実です。
しかし仮に資格を持っていたとしても、一般的な公立図書館の司書への転職は難しいといえます。
したがって転職しようと思ったら、大学図書館や私設図書館まで範疇を広げた就職活動が必要です。

また最近では公立図書館も運営を委託しているケースが多く、そういった事業者のスタッフ募集に合わせて
転職するのも一つの方法です。
その場合、司書資格を持っていたり、自分の持っているクリエイティブな面をアピールする事が
転職の成功にも役立つといえます。