転職と支援とデザインについて

転職と支援とデザインについて、デザイン系の転職の支援として、例えばうつ病などや精神疾患を患ってしまった患者さんに対して、このようなデザイン系の仕事を支援するサービスなどの施設などがあります。

これは、例えば、統合失調症などの精神疾患などをお持ちの方や、うつ病などの病気になってしまった方で、対人関係のストレスがとても高い人向けに、在宅などで出来る仕事として、精神疾患などの支援を行っている団体などの施設が、デザイン系の仕事をそのような方々に依頼することがあり、実際に、仕事がうまく成立している事例もあります。

これは、統合失調症の患者さんや、うつ病などの患者さんの場合には、とても真面目で仕事が抜群に出来る人が多いものですが、上記のように、気を遣う精神力がとても高すぎるために、対人関係などで上手く仕事を行うことが出来ずに、また不当に利用されてしまうことが多いことから、かなりストレスが蓄積されてしまう方が多く、そのため、対人関係の必要があまりない、在宅の仕事で、デザインの仕事などを支援するサービスがあります。

これは、精神科医の先生から、このような施設を紹介され、その施設を通して、新しい仕事などを得られることが出来たり、支援してもらうことが出来る背景などがありますが、とても上記のように真面目に仕事に取り組んでくれることから、何度も依頼が来るケースも少なくありません。

そのため、対人関係でストレスを抱え、このような統合失調症やうつ病になってしまった方でも、在宅のデザイン系の仕事であれば、技術などがあればすぐに仕事が出来ることから、上記のような施設で支援を行ってくれており、そちらに登録していることで、転職を成功させることが出来る人も多くおられます。